木乃香のブログ

陶芸-黄瀬戸釉薬の中鉢

黄瀬戸釉の中鉢 – 還元焼成

こんばんは。
久々に自宅用に作った鉢が焼きあがりました。
陶芸の焼き方は酸化(酸素がある)と還元(酸素がない)があって、還元は思いもよらぬ焼き上がりになることがあります。
還元焼成は窯の調整?が難しいらしく、私の行っている陶芸教室でも窯が壊れてから、還元は一時お休だったのですが、久しぶりにできるようになったので挑戦してみました。

両手にスッポリ納まるくらいの鉢。土は並土に赤とグレー御影を少しミックスしました。
黄瀬戸釉は酸化焼成だと温かみのある黄色になるのですが、少し緑っぽい色になりました。
御影の鉄がいい具合にポツポツと出て、ムラに掛かってしまった釉薬も、逆にいい味になったように思います。ちょっとお気に入りかも。。。

この器には何が合うかな~
ということで、ヒジキの煮物を作ってみましたよ。 美味しそうに見えるかな。

陶芸-黄瀬戸釉薬の中鉢に煮物

関連記事

  1. やむちん風のお皿-豚肉とシシトウ炒め
  2. 猪の置物-手作り陶器
  3. 陶芸 - 男の飯椀
  4. きなこ棒 - たたら皿
  5. 三五八漬け-陶芸の中鉢

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

木乃香のお店へ

最近の記事

  1. シンプル祝儀袋 - 手まりの金封
  2. 秋の絵はがき-柿

    2021.10.2

    柿の絵はがき
  3. 秋のレターセット-紅葉
  4. 陶芸 - 男の飯椀
  5. 小花の一筆箋-和風
  6. 伝統文様の便箋と封筒
  7. 和柄の和紙シール
  8. 夏の絵はがき-花火

過去の記事

おすすめの記事

  1. 和風カーテン 縦型ブラインド
  2. ミニ胡蝶蘭 - 植替え完了
  3. やむちん風のお皿-豚肉とシシトウ炒め
  4. 苔玉-もみじの芽
  5. 越前和紙の里
  6. 江戸からかみ
  7. ミニ胡蝶蘭
旧ブログ
PAGE TOP