木乃香のブログ

昔の千代紙 - 手刷り

上品な手刷りの江戸千代紙

手刷りの千代紙 「江戸千代紙」 を入荷しました。
東京の湯島で折り紙の伝承に力を注いでいる「ゆしまの小林」さん(折り紙会館)は、江戸時代から続く染紙屋さんで、現在も工房で和紙染めの作業を見学することができます。こちらのことは実はお客様から教えて頂いたのですが、以前お店で買った千代紙の「花丸紋」(右上)がとても素敵だったので、この度入荷させて頂きました。
千代紙といえば友禅和紙の千代紙が一般的ですよね。着物の友禅染めの柄を和紙に染めた、とても華やかな千代紙で、お土産や和小物に使われているのをよく目にします。そんなキラキラ感はないけれど、この江戸千代紙はとても上品で、どこか昔懐かしい感じがします。
昔を思い出すのは、ある年代以上の方かもしれません。私が幼い頃に祖母から貰った千代紙がこういう雰囲気で、色とりどりの千代紙が入ったお煎餅の缶の中は夢のようでした。
あの缶カン、どこへいったのかな…いつどこで手放したのか、忘れてしまって残念です。
今回ご紹介の江戸千代紙。 実は在庫が少ないです。もうこの版を摺ることができないそうで、版元のゆしまの小林さんでも在庫限りだそうです。こんなに素敵な千代紙なのに、技術の伝承ができないことはとても残念に思います。日本の伝統工芸品は、作り手を育てないと、どんどんなくなっていってしまうのですね…。
他にも素敵な柄がありましたが、古いものや高価なもの、本当に残り僅かものがあって、中でも比較的小柄で状態のよいものを、店主の私が一枚ずつ選んで入荷しました。商品の大きさは原寸ではなく、半分にカットしてDM便対応サイズに包装して発送いたします。
江戸千代紙-包装
詳しくは商品ページを見てくださいね。(木乃香 和紙雑貨のページ
江戸千代紙をどうぞ素敵な手作り作品にお使いください。

関連記事

  1. 桜柄-お手元マット(敷き紙)
  2. 折り紙 花小紋 四季の花
  3. 白い文様-上品な懐紙
  4. 白いマステ-和柄-冬柄
  5. 和柄マステ 鮫小紋など
  6. 折り紙 - 透かし和紙

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

木乃香のお店へ

最近の記事

  1. 和紙ミニレター -木の実 ミモザ
  2. かわいい封筒-のし袋
  3. お知らせ-夏季休暇
  4. 夏柄シール-和柄

    2022.06.28

    夏柄のシール
  5. 夏の便箋 朝顔
  6. 和紙の便箋-楓 青もみじ
  7. 入浴剤-セージ ラベンダーの香り

過去の記事

おすすめの記事

  1. 月橘 - シルクジャスミン
  2. 陶芸 - 男の飯椀
  3. 和風カーテン 縦型ブラインド
  4. ミニ胡蝶蘭 - 植替え完了
  5. やむちん風のお皿-豚肉とシシトウ炒め
  6. 苔玉-もみじの芽
  7. 越前和紙の里
旧ブログ
PAGE TOP